アクセスランキング

2020年02月10日

ジョーカー最高だわ

ジョーカーを観た
最高だったが俺は他殺はダメだと思っているので
己が爽快になってしまったことには複雑な気持ちを抱く
 
俺も相当に悲惨な人生だからな
どうしても共感はしてしまう
何とか金だけは稼げるようになったからメンタルは保ててるけど
いまだに部屋で突然取りつかれたように豹変してぶっ殺すぞ!とか
壁に向かって叫ぶ毎日だし
 
悲惨な人生送って
自分のみじめさや愚かさを社会の責任と決めつけて
自分が社会のスケープゴートにされていたストレスを
社会と対立し世の中をスケープゴートにして
無限のラリーで永遠に還流することで
負の無限エネルギーを生産してそれに快楽を覚えるレベルだ
 
俺の魂は憎悪の塊だよ
社長覚えてるかお前が俺に対して陰口言ってたの聞いてたからなクソが

人格は形成されてしまったが
人生は点でとらえるしかないからな過去の話はしてもしょうがないが
ちょっと振り返ると
 
まあ誰のせいとは言わないが中高と社会性を育む機会を損失し
そこからのキャッチアップに20年かかったな
 
バイトで肩慣らしと働いてみたら絶望的コミュ力が露呈して
逃げるようにやめることの繰り返し
バイトはもうやめだと心機一転社会人編突入
 
クソ寒い公園で集団から離れて一人たたずむ学生に
過去の自分を重ねてコーヒーを一気飲みして
面接に臨みそこから始まった社会人生活で
力量の差に一気にどん底に叩き落され
上司から鬼のように嫌われパワハラされ
同僚から死ぬほど嫌われてストレス性のパニック発作
で目の前まっ黄色になる強烈な不整脈に耐えながら首だ退職だ繰り返して
ようやくここまで来たなって感じ
  
現状報告だけど、とりあえず会社ではとにかく頼られており
そこそこの仕事をしてそこそこの評価を得て
そこそこの顔が知れ渡り発言力を得て顔も広くなっている
でかい声で自信満々に喋りフロアでも目立つ存在
性別役職問わず部署の垣根を越えて人脈を築き
今月に至ってはいろいろあり月収100万円
  
この20年便秘だ腋臭だ口臭だ足が臭いだ体型が変だ髪型がおかしいだ
服装が決まらんだ会話ができないだ仕事ができないだいろいろ絶望的だったけど
生まれ持っての顔が気持ち悪い以外はほぼ全部克服した
 
ジェットコースターでいう登りがようやく終わり 
ようやくメンタルがニュートラルになってきて
人生の終わりの始まりかなあという状態
  
最近は死を超越した思考をするようにしている
自然の摂理として受け入れる事から始まり
むしろ楽しみに思うようにしている
  
死を恐れる理由は生物としての本能と
教育による洗脳があってどちらかというと
人間は後者に完全に支配されてしまっている気がする
でも誰も死からは逃れられない

合理的に考えれば死を恐れず味方につけるべきだけど
社会の発展に人口増加が必要だから
その需要を満たすために人間は自然発生的に死の恐怖を自分に植え付けてきたんだと思う
本当に馬鹿らしいったらない
 
あと長生きは良い事みたいな思想も大分狂ってるね
健康じゃなくなったら自分の裁量で死にゃいいんだよ
好きなもの買って旨いもの食って病気になったら自殺
これが俺の辿り着いた正義
 
メディアが押し付ける無思考の長生き礼賛は悪魔の思想
医療費は嵩むし節制により人生はつまらなくなるしな
全員が死を受け入れて卒業とかおめでとうって言われるような
感覚を持つようになれば経済も回るし社会も発展してくはず
 
俺は病気になったらさっさと死ぬ
山に行って首つって死ぬ
それが単純にベストな選択だと思う
 
ただ怖いのは生物の本能として怖気づいてしまう可能性はあるので
それを払拭するために常に「死にたい」とつぶやくようにしていてる
真言という宗教の呪文みたいなもんがあるが
まさに俺は100万回死にたいと唱えれば人生開けると思ってる
 
人間ぶっ壊れると誰もがジョーカーになる危険性があると思うからね
いかに理性のある人間でも物理的に脳がぶっ割れたら何するかわからんからね
俺は人様に迷惑かける前に自死を選ぶし世界に対し自死を選べと言いたい
 
全然関係ないけど
今年の目標は起業
【関連する記事】
posted by 腐れ外道 at 22:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

現状

新居へ引っ越し。家賃15万円。
 
相変わらずゴキブリ同然の生活だ。
 
しかし簡単には死ねないのでいろいろと頑張ろうとは思っている。

でも仕事がなくなるとか、きっかけがあったら死ぬかもしれない。
 
とりあえず明日からまた頑張ろう。
posted by 腐れ外道 at 00:32| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする