アクセスランキング

2015年08月02日

この人どうするんだろう

今年はゲリラ豪雨が少ない気がする。
 
比較して2〜3年前は凄い多かった気がする。バケツをひっくり返したような雨。気のせいかもしれないけど。たまにテレビを付けていたりすると、警報が出てたりするから、豪雨の帯域がズレたのかもしれない。どんどん変わるね。気象状態が。面白いぐらいに変化していく。
 
そもそもゲリラ豪雨という言葉自体、天気予報でも全然聞かない気がする。雷雨は聞くけど。また気象状態が変わってきているのかな。とにかく雨が少ない印象。
 
今年は暑いだけで別に対したことないんじゃないの。エアコンなんか1回も付けてないわ。エアコンをつけないと寝れないとかかわいそうだ。俺の所は、特に風が強いわけでもないし、涼しいわけでもないけど、エアコンはつけないよ。つけたら朝までつけないといけないし。電気代がもったいない。時々汗だくで起きて頭痛い時とかあるけど、あれ熱中症なのかな。おなか冷やしたかなとか思ってたけど、そんな気がしてきたわ。ちょっと注意したい。
 
扇風機はつけてる。扇風機は最高。暑さ対策じゃなくて、虫対策。蚊が全滅。カバーとって、パワー中で、首振りで回している。 
 
最近はNHKの画面のサイドに高温注意報が出ていて、アホだなあと思うわ。夏なんだから暑いのは当たり前だろ。出した所で、出てる日だから、注意しようとか、思う人いるのかな。介護じゃないんだからさ。もうちょっと自分の頭で考えようにさせないと。
 
今日も昨日も、暑かったので、アイスを貪り食うように食べている。と書くと言いすぎだけど、1日3本は食べてるな。全部がりがり君。
 
コンビニでがりがり君を買う時、ちょっと恥ずかしい。大人が買っても恥ずかしくない、ガリガリ君を発売してほしい。しかも、「大人のがりがり君」とか変な名前じゃなくてな。
 
最近の、コンビニで売ってる男の〜とか、恥ずかしいわ。男のプリンとか。もうちょっと普通の消費名にすれば、売れるんじゃないの。
 
さて本日も、堕落した土日にサザエさんシンドロームの悪夢を抱えて寝落ちとしよう。そこまで月曜日に対する恐怖はないが、やっぱりじわっと心に重たいものが浮かんでる感覚はある。これが消えることはないんだろう。以前に比べたら、全然だ。問題なし。
 
全然関係ないけど、7年ぐらい前か。無職だめブログで、そこそこアクセスがあった時は、ゴミ扱いされていたんだろうなあと思うね。そのゴミ扱いしている側の人間に俺は今なんているのかなと思うね。
 
会社でも、男女問わず、そこそこの扱いだよ。中には苦手な人もいるけど、俺に対して気を使って話しかけてくれる人が多かったり。そういう機会が増えると、自分の立場が自然と図れる。俺に欠けていたのはそこだから、自然と能力が正当に評価されるようになった。女から、ちょっとしたお菓子とか、食べる?ってまだ封切ってない奴を貰ったり。やっと漫画の島耕作みたいに、普通に扱ってもらえるようになったなあと思うと、過去との対比がある分、感慨深い
 
無職ダメブログは今も見ている。この人どうするんだろうって思いながら見ている。
 
俺のお気に入りにはブログのフォルダがあって、この人、将来どうするんだろうって人を集めたフォルダがある。無職ダメブロガーの分については、そこに入れると気持ちが悪いので、2CHのスレッドから飛んでる。たぶん自殺するんだろうなと思いながら見ている。まー、俺も最終的には自殺するだろうけどね。自然死とか怖いし。
 
この人自殺するだろうなーという人。何なんだろうか。安心とは違うと思いたい。何か窮屈な安堵感で満たされる。野球キチガイがプロ野球のぺナントレースを見て、一試合一試合の結果に一喜一憂する感じ。生活に困窮して社会から排除されて自殺。
 
社会不適合者の群れ。生きてる価値がない。それでも人手不足だし何とかなるだろう。世の中に仕事はあるだろう。でも、いろいろ嫌になって、自殺するんだろうな。かわいそうだけど。たぶん俺がかつて変われたようには変われない人なんだろうなあ。変身できた自分に対する特別視がしたいのかもしれない。間違いなく俺はトップクラスの社会不適合者だったからな。
 
俺は本質的には社会不適合者ではなかったのかもしれない。という事を確認しているのかもしれない。それならすごい納得する。社会不適合者=欠陥品。環境要因での欠陥品という証拠が欲しいのかもしれない。俺は間違いなく遺伝子レベルで欠陥品という確信はあるけど、それでも、そうでないと思いたいんだろう。
 
つまり環境要因の社会不適合者は救いがある。遺伝要因の場合救いがない。俺は後者の割合が高いと思っている。なんか前者を盾に話を進める人がいるけど、そんなの関係ないだろ。虐待されたとか、学校で楽しくやってられたら、親許離れたら殆ど関係ないだろ。後者の場合、どんな優遇された環境だろうが、地獄だから。
 
最近は、すごく自分がドライになってきているのを感じる。先日も電車で年寄に席譲ったり、いい人を演じる義務感はまだあるけど、ニュースとかで結構きついニュースを見ても、フーンという感じだ。もう救えない人に、かわいそうだという気持ち以上に考えたくないんだと思う。かわいそう、という言葉の重みも軽くなってきているのを感じる。ないだろうけど、映画の様な究極の選択を迫られる場面で、冷静な判断ができそうだ。
 
性悪説で考えるべきだなあと思うわ。本当に。人はクズだと。
posted by 腐れ外道 at 23:38| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする