アクセスランキング

2017年05月01日

【預金残高6,767,216円】【無職30日目】

無職生活30日目。10時半に起床。掃除。海外ドラマ(ビッグバンセオリーS2EP5)観ながら朝食。朝食は、カップラーメン。卵。シャワー。身辺整理。ビリーバットを1時間読む(ケネディ暗殺編)。1時間程鏡に向かってお前は出来ると自己暗示。夕飯はラーメン2玉。運動0。大半の時間を2chとYOUTUBEを見て過ごす。
 
ついに一か月か経過した。一か月前。日本海において過去最大規模の米韓軍事演習が行われていた。朝鮮半島情勢は日中を巻き込み最大の危機を迎えていた。一か月経過した今もなお、危機的状況は変わらない。むしろ悪化の一途をたどっている。軍事費70兆円を超える世界最強のアメリカ軍に対し、その100分の1の規模の北朝鮮軍が果敢に立ち向かっていく様は、敵ながら勇ましいとすら思える。
 
金正恩は俺よりも年下だが、大雑把に同世代と言ってしまって良いだろう。同世代の人間が、自分の命と引き換えに、国を背負って戦っている。その手に握られた武器は韓国ソウル100万人の人質を筆頭に、テロ、ゲリラ、核、化学兵器、細菌兵器。世界は最低最悪な人間と評している事だろう。もしかしたら、どこかの大国が裏で糸を引いているかもしれない。はたまた軍の暴走につき合わされているのかもしれない。だとしても、まぎれもなく金正恩は最前線で戦っている。死ぬ気でやってるだろう。おそらく死ぬ気の表現は比喩ではないだろう。
 
それに比べて俺はどうだ。口では戦っていると豪語している。実際は朝から晩まで2chとYOUTUBEで時間をつぶしている。身辺整理や何やらで忙しいと言い訳しているが、そんなのは嘘に決まってる。腐れ外道国家は内政は崩壊、外交は断絶し完全鎖国、経済は停滞し、貿易は完全停止。救いは、備蓄の燃料と米が1年半分あり、国民に餓死者が出ていない事だけだ。大国に牙をむく勇気は勿論ない。国連に支援を頼む事は羞恥の極致で万死に値する。改革による経済発展、貿易拡大を唱えるが、国民はおろか、首脳陣ですら、信じる者はいない。この国に未来はない。
 
ここは底なし沼だ。踏み入れた以上、抜け出すことはできない。沈みゆく運命だ。誰もがそう思っていた。そう。一人の男が立ち上がるまでは・・・。誰もが寝付く夜の街。警報が闇夜に鳴り響く。電波ジャック。街灯ビジョンに映し出される巨大な”V”の文字。打ちあがる花火。
 
V。Vendetta。意味。復讐。
 
THE END.

腐れ外道先生の次回の作品をご期待ください。 
来週から新連載、復讐教室が始まります。
<収入>
0円
<支出>
- 300円:自販機でジュース
<売上実績>
本日の売上:0円
今月の売上:0円
今年の売上:0円
<残金>
6,767,216円(- 300円)
※開始時6,145,801円
タグ:絶望 無職
posted by 腐れ外道 at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 無職生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449486514

この記事へのトラックバック